姉妹館”北軽井沢森の別荘””卓球山荘ラリー”

浅間高原ホテルの姉妹館”北軽井沢森の別荘”と”卓球山荘ラリー”が今年からスタートしました。 1、”北軽井沢森の別荘”は美術関係のお仕事で海外生活が長かったオーナーさんの別荘です。 一階は20畳のワンちゃんオッケーなプレイルームは吹き抜けがありここにもロフトがあります。 一人でゆっくりしたい方にぴったりな空間です。 トイレ、水屋もあり便利。 二階はやはり吹き抜けのあるダイニング&リビングルーム。ツインルームが二つあります。 詳しくは https://www.aco.co.jp/yado/dir/1/kitaka/gunma/13/id64993.html 2、”卓球山荘ラリー”はあの伝説のペンションをリニュアルしました。 卓球台を4台並べて公式試合が出来るほどの広さがあり24時間時間を気にせず使用出来るので、卓球以外のスポーツのトレーニング場としても最適です。1棟貸しの他各お部屋ごとにお貸しする事も出来ます。(各部屋錠付) 詳しくは https://www.aco.co.jp/yado/dir/1/kitaka/gunma/13/id64994.html

DIY浅間高原ホテル改装第3弾ツイン315

今年の改装もネットを新しく立ち上げたりと忙しく、思うように進みません。 それでもマイスターは私達の好きなお部屋を作る為に、地道に作業に取り組んでいます。 今回はツインルーム315です。 西側に面しているので日が降り注ぎ暖かいお部屋です。 そこで、シックなダークブラウンの板と大好きなピンクの大理石を使う事にしました。 テーブルと椅子をおく部分に珊瑚の入ったイタリア製の大理石を使用しました。 日差しを受けて赤みが綺麗に反射します。 ダークブラウンでも赤みのあるブラウンを使用すると 大理石の赤みとうまくマッチしてくれました。 上がりかまちは淡いグレーのタイルを。 エントランスはピンクブラウンのタイルと 目地にはガラスビーズを埋め込みました。 この赤のガラスビーズはとても二人のお気に入り。 原宿の輸入業者アドバンで見つけました。 ベネチアンレッドです。 ガラスで赤の色を出すには金を使うので、赤のガラスはとても高価!イタリアでもベネチアングラスのレッドはとても高価で手が出ませんでした。 それをマイスターは1階のBARカウンターの足置きに使いました!ホテルで一番高価な足置き〜〜 いらした時にはぜひBARカウンターで1杯グラスを傾けてみて下さい。 出来上がったお部屋がこちら。 エントランスから大人の赤みが走り、窓辺の珊瑚の赤にたどり着きます。 うふふ〜〜いい感じです!

DIY浅間高原ホテル改装第1弾ツイン316

2017年DIY浅間高原ホテルの改装は順調に進んでいます。 といっても、普段の仕事をしながらですから、マイスターも私もちょっと大変です。 特に、最初のお部屋は色々と初めての事が多いので、やり直しも、、、。 その第一号は3階にあるツインルーム316です。 西向きの角部屋で光も多く入ってくるので、色を思いきって黒にしてみました。 イタリア製の変わった黒いタイルです。 表面に細かな線が入ったちょっと和テイスト。 そこで、このお部屋は和モダンでいこうという事になりました。 黒のタイルと優しいラベンダー色のカーテンやベッドカバーがマッチしてとてもシック。 (タイルの床は家具が滑りやすいので、申し訳有りませんがお子様連れのご家族には向かないようです。) 上がりかまちはやさしいベージュのタイルで。 そしてエントランスはマットな黒いタイルに石庭のごとく小石を敷き詰めました。 この小石はセメントで固めてあります。 ドアを開けるとちょっと大人の和テイスト。 お二人でゆっくりお楽しみ下さいね。 ツインルーム316をご予約なさりたい方は、メールかお電話で直接ご予約をお願い致します。 0279-86-5150 浅間高原ホテル コンシェルジェ白山

DIY浅間高原ホテル改装第2弾ツイン301

DIY浅間高原ホテル2017年ホテル改装の第2弾はツインルーム301です。 この部屋は東側に面しているので、窓が2面有るもののなるべく明るい色にしようという事になりました。 そこで選んだ素材は珊瑚が入ったイタリア製の大理石 窓の側がそうです。 ピンク色の大理石は大のお気に入り。 そして、手前に白木を貼りました。 白木の上にはミルク色の水性ペンキを薄く塗り さらにワックスを2度かけました。 ペンキとワックスは私が担当。 白木の木の目が透けて見えていい感じに仕上がりました!! エントランスは今回とても難しかった場所です。 セメントに小石の方はよかったのですが、上がりかまちが難問でした。 考えた末に取った方法は、シリコンにタイルと砕いた レンガを使用しました。 このタイル、真四角ではありません。 微妙に歪んだデザインなのです。 そこで、目地を少し広く取り、わざと不揃いに並べたというもの。さすがマイスターのセンスですね。 上がりかまちのレンガ色が部屋のおくまで広がって行きます。お気に入りの部屋になりました! 完成画像がこれ。 同じラベンダーのカーテンとドューベットカバーを使っていても、301は316のクールな感じとは違いやさしいテイストです。 大人可愛いかな? ☆301のお部屋にお泊まりご希望の方は、メールか お電話で直接ご予約下さい。 0279-86-5150 浅間高原ホテル

Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2015 - 2016 by Asama Kogen Hotel.